クラウドファンディング

2011年10月22日土曜日

13日目(ハイダラバード)ビリヤニだけじゃなくハリームもある!!

今日は、美味しいビリヤニを求めてムスリム街のチャールミナール周辺へ

ハイダラバードのシンボル、チャールミナール

上へは登らず、まず朝メシに
ビーフビリヤニ  20Rs(約40円)
チャールミナールについたら左に回ると左側にあるお店

ハイダラバードにきて初めての格安ビリヤニ。
南インドでよく見る、生米から一緒に炊き込みむトマトベースのビリヤニです。
むしろラッサム(南インドのトマトスープ)で炊いたみたいな味でした。

 
後々知ったのですが、これはビリヤニではなくテハリと呼ぶそうです。


テハリのお店

いろんな人にビリヤニ、ビリヤニ聞きながらお店探しへ

マトンビリヤニ 25Rs

米とトマトベースのグレービーを混ぜたようなイマイチすぎるビリヤニ。
一応大鍋だったから、フライパンビリヤニではありません。


チャルミナールに2件あるVictoriaレストランです。

チャルミナールからまっすぐ1KMぐらい歩いたところにあります。




マトンビリヤニ 70Rs(約140円)
グレービーと米を炊き込む正統派ビリヤニ油少なめ。

Victoriaレストランの隣。2階がレストランです。

マトンビリヤニ 100Rs(約200円)
こちらも正統派ビリヤニ。油は少なめ。
Victoriaレストランよりこっちのが好きかな。


ビリヤニ鍋の中身

ちなみに、お昼のビリヤニは、1時以降じゃないと提供していませんでした。

晩飯は、昨日行ったAlhamdulilah Hotelで気になっていた

ビーフハリーム 35Rs(約70円)

ハリームとは、お肉(すね肉?)と小麦と豆などを
ひたすら煮込んだムスリムの料理です。

これが激うま!!




アグラーで食べたハリームとは全く別物で、山芋並みに粘っこく、
お肉の繊維だけが残っている初めて食べる感じのものでした。
簡単に言うと、スパイシーな山芋に解した肉が入った感じです。
そのまま食べますね笑。

回りが食べてるのにつられ
タワゴシュ〜?(マトンフライ)35Rs

 
ルマリロティ 6Rs

カバブやドライ系の肉を食べる時は、ルマリロティが一般的なようです。


このレストランは、ビリヤニもあるし、ハリーム激ウマだし、
リーズナブルなので、本当にオススメです!
ハイダラバードに行ったら是非!!


他の写真

大きいモスク、メッカ・マスジッド

モスク

どこかのビリヤニ鍋

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
↑ランキング奮闘中。1クリックお願いします。↑ 
より遠くへ行く原動力となります!!

0 件のコメント:

コメントを投稿